誰でも簡単にできる「黒酢にんにく」の作り方

スーパーで購入できる食材

黒酢にんにくは、カプセル状になっていたり液状になっていたりして多種多様なサプリが登場しています。黒酢にもにんにくにもどちらにも高い健康効果があり、慢性疲労を回復したり、血液をサラサラにしたりして、生活習慣病の予防や症状軽減効果があったり、またダイエット効果やがん予防効果など、たくさんの効果が期待できたりします。サプリを利用するのも悪くありませんが、サプリだとコストが結構掛かってしまうことが多く、長く続けるためにはコストがかかると途中で挫折してしまうかもしれません。黒酢にんにくを続けたいけれど、できるだけ低コストで続けたいという人にオススメなのが、手作りするという方法です。黒酢もにんにくもスーパーで販売されている食材なので、専門店から取り寄せなければいけないということはありませんし、リーズナブルに購入すればかかるコストを気にすることなく続けやすくなるのではないでしょうか。

手作り黒酢にんにくのメリット

黒酢にんにくを手作りすることには、たくさんのメリットがあります。まず、手作りするとどんな原料を入れたのかを自分で把握できるので、添加物などを摂取してしまう心配がありません。多くの黒酢にんにくサプリは無添加タイプになっていて長期間続けても安心ですが、より確実に健康管理をしたい人にとっては、手作りがおすすめです。

手作りすると、低コストでまとまった量の黒酢にんにくを作ることができます。生活習慣病などが気になる自分はもちろん、小さな子供からお年寄りまで家族全員で摂取する習慣をつければ、家族全員が健康で病気知らずの体質へと改善できるのではないでしょうか。薬ではなく食品なので、小さな子供が毎日摂取しても健康被害の心配がない事は大きなメリットと言えます。

料理に使えることも、手作り黒酢にんにくのメリットです。黒酢とにんにくの割合を少し変えることによって、ニンニク風味を強くして料理に使うこともできますし、黒酢メインでにんにく少な目にすれば、酢の物などに活用することもできます。アレンジし易い事は、手作りの最大のメリットです。

作り方はとても簡単

黒酢にんにくの作り方は、自宅で梅酒やハブ酒などを造る方法ととても良く似ています。こうしたお酒類の場合には、梅にホワイトリカーを混ぜたりしてアルコールを使用するのですが、黒酢にんにくの場合にはアルコールではなく黒酢を使うのが特徴となっています。

作り方で最も気を付けたいのは、容器を前もって消毒しておくという点です。洗剤で洗ったから清潔というレベルではなく、しっかり消毒用のアルコールで目に見えない細菌などもしっかり殺菌したほうが、仕上がりの完成度が高くなります。酢には殺菌作用がありますが、漬け込む期間に雑菌が繁殖するリスクを考えると、事前にしっかり消毒したほうが安心です。

2週間で完成

黒酢にんにくの作り方ですが、密閉できる瓶の内側をしっかりと消毒したら、黒酢200mlに対してにんにくを6片程度の割合でつけていきます。にんにくは皮をむいた片をそのまま黒酢に沈めても良いですし、半分に割っても問題ありません。瓶に入れて密閉したら、その後は直射日光がかからない涼し目の暗い場所において、2週間は動かさずにそっとしておきましょう。にんにくのエキスがどんどん出てくることによって、日数がたつほど臭いが強烈になってきますが、これは自然なことなので心配する必要はありません。密閉容器を使っている場合でも臭いが隙間から染み出すことはあるので、臭うと困るような場所で保管するよりも、あまり交通量が多くない場所に保管しておいた方が良いかもしれません。2週間ほど放置すると完成となります。毎日どのぐらい飲むかは個人差や希望などがありますが、一度に大量に飲むよりも少しずつ飲んで長く続けることが大切です。黒酢にんにくで健康ライフを楽しみましょう。

おすすめのサプリメント

ラクトフェリン効果

グルコサミン